入局・専門研修のご案内

募集要項 2022年度帝京大学産婦人科専門研修プログラム

応募資格

2年間の初期臨床研修を修了見込みの者、及びこれに相当する臨床経験を有する者

身分 後期研修医/助手/臨床助手
給与 40~90万円/月(当直込み、学年により変わります)
関連病院の日勤・当直アルバイトにての給与を含みます。
保険 私学共済保険、医師国保
宿舎 なし

入局までの手続き

コロナ禍ですが、必要な手続き後に病院見学は随時可能です。
希望される先生は、下記にご連絡ください。

〒173−8605 東京都板橋区加賀2−11−1
帝京大学産婦人科プログラム2021事務室

メールアドレス:teikyoobgyn@gmail.com
(※@を半角にしてメールをお送りください。)

帝京大学産婦人科学講座 医局説明会2021 Online

医局説明会は、①7/10(土)14時、②7/12(月)18時からの2部構成で行います。時間は30分程度と考えています。ご都合の良い時間帯をお選び下さい。なお、今回はWebによる説明会を行います。

https://us04web.zoom.us/j/77310555488?pwd=b29uQy9qNHlpTDN1S3hoc0VkMHFXQT09

Meeting ID: 773 1055 5488
Passcode: dpRR0y


約30分程度のオンライン説明会です。研修プログラム、研修内容についてご説明します。自宅にいながら、われわれ医局員の生の声を聞くことのできる企画となっています。きっと楽しんで頂けるかと思いますので、皆様のお越しをお待ちしております。

なお、病院・医局見学は、随時受け入れ可能です。見学希望の方は、
医局事務室 obgy@med.teikyo-u.ac.jp(※@を半角にしてメールをお送りください。)
までご連絡ください。皆様をお待ちしております。

書類選考、面接など行った後、帝京大学産婦人科専門研修プログラム登録の可否について判断させていただきます。後期研修後の進路は、帝京大学にて助手として勤務後、連携病院での勤務、あるいは大学院進学の道があります。海外留学や大学教員への道も開かれておりますので、充実した産婦人科研修が行えるはずです。

プログラム統括責任者:長阪一憲

ページの先頭へ