産科

婦人科

当院での研究

初期研修医

後期研修医

特色

当院の婦人科診療について

産婦人科は主に子宮、卵巣という臓器を通して女性の一生を総合的にケアする科です。卵巣から分泌される女性ホルモンは性周期を生み出し、子宮からの月経を起こします。その性周期が女性の健康をつかさどっています。我々は、個々の病態に断片的に対応するのではなく、小児・思春期から中高年まで、女性の一生を広く視野にいれ、その流れの中で、一人一人の今にどう対応するかを考える、という方針を基本理念としています。
婦人科部門では婦人科良性疾患(子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮脱など)はもちろんですが、都内でも有数のがん拠点病院として悪性腫瘍の診断・治療にも力を注いでいます。

対象疾患およびその治療

悪性腫瘍

悪性腫瘍は子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを中心に、国内で統一された治療ガイドラインに則った診断・治療を提供しており、最新のエビデンス(科学的な根拠)を取り入れた治療も行っています。チームの中にはがん専門病院などで十分に経験を積んだ婦人科腫瘍専門医がおり、専門家集団としてより充実したがん診療を提供できる体制です。また、当科は腹腔鏡技術認定医による早期子宮体癌に対する腹腔鏡手術も行っております。手術療法だけでなく、放射線治療、化学療法を併用した集学的治療にも力を入れており、様々な観点から治療を行っています。大学病院のメリットを十分に活かし、腫瘍内科、放射線科、病理診断科の専門医師と定期的なカンファレンスを行い、治療方針を決めています。また、がん患者さんの悩みや痛み、家族背景に関しても緩和ケアチームと連携しながらサポートする体制も整っております。他診療科とフットワーク良く強固に連携できることで、複雑な合併症のある患者さんに対しても治療をあきらめずに行えることも当科の強みです。
また、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)を代表とする遺伝性腫瘍のカウンセリングや治療を行っています。外来はゲノム医療外来で対応させていただいており、院内だけでなく他施設からの紹介も受け付けております。認定遺伝カウンセラー、遺伝看護専門看護師、がん看護専門看護師と綿密に協力し、遺伝カウンセリングや遺伝学的検査、がんパネル検査などの紹介を行っています。

当院には婦人科腫瘍専門医が在籍しておりますが、専門医以外でも臨床経験豊富な医師の担当により診察することができます。

早期子宮体癌腹腔鏡手術について

手術の目的は、病気の治癒です。
子宮体がんに対しては、手術療法が第一選択とされています。手術には、病変が取り除ける、病気の広がりを正確に把握できるといった利点があります。
術前に子宮体がんのⅠA期(がんの筋層浸潤が1/2以下でかつ腹腔内に子宮外病変の見られない)の可能性が高いと判断される場合には、開腹下に子宮全摘術、両側付属器切除術、骨盤リンパ節郭清を行う事が基本ですが、高分化型の類内膜腺癌の場合には腹腔鏡下に単純(準広汎)子宮全摘術、両側付属器切除術、骨盤リンパ節郭清を行うことも可能です。婦人科領域では、良性卵巣がん摘出術・子宮筋腫摘出術・良性子宮疾患に対する子宮全摘術などの多くの手術が従来の開腹手術にかわって腹腔鏡下に行われています。開腹手術と比べて腹腔鏡手術は負担が軽く患者さんの術後早期回復が可能なため、日本全国で広く普及しています。一方で、子宮体がんなどの悪性疾患に対する腹腔鏡下手術は2013年度まで保険適応が認められていなかったため、限られた施設でのみ実施されていました。すでに海外では10年以上前から子宮体がんに対する腹腔鏡下手術が行われ、その有用性に関する多数の報告があります。米国のThe Gynecologic Oncology Group (GOG)において子宮体がんに対する開腹手術と腹腔鏡下手術を比較する検討が行われ、腹腔鏡下手術の方が術後早期の合併症発生頻度が低く入院期間が短いことがわかり、生存率・再発率は腹腔鏡手術と開腹手術で同等なことがわかっています。これらの報告を受けて、日本でも「腹腔鏡下子宮体がん根治手術」は2008年に厚生労働省に先進医療として承認され、2013年11月現在34施設が厚生労働省の認可を受け、年間200例以上の子宮体がん症例に対して腹腔鏡下根治手術が実施されています。

開腹手術のメリット 腹腔鏡下手術のメリット 開腹手術と腹腔鏡下手術で同等
手術時間が短い 出血が少ない 血管損傷
手術操作が確立されている 傷が小さい 腸管損傷
  入院期間が短い 尿管損傷
  術後癒着が少ない 摘出リンパ節個数
  術後腸閉塞が少ない 術後再発

主な良性腫瘍

当院では可能な限り、低侵襲(体の負担が少なく、傷口が小さいこと)を意識した治療を心がけており、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術を積極的に導入し、体に優しい治療を心がけております。術後、食事摂取が良好で経過が順調なら、開腹手術では手術後7~9日、腹腔鏡下手術では術後3~5日、子宮鏡下手術では手術翌日の退院が可能です。腹腔鏡下術後仕事復帰は個人差もございますが、おおよそ、軽い仕事であれば術後1〜2週間程度から、力仕事や運動は術後4週間程度で可能となります。ただし、悪性が疑われる場合や腫瘍の大きさによっては、安全性を考慮して開腹手術をお勧めすることもあります。

疾患と術式

疾患
子宮筋腫、子宮腺筋症
術式
子宮全摘術、筋腫核出(腹腔鏡、開腹)
疾患
子宮内膜症、内膜症性嚢胞
術式
内膜症性嚢胞摘出、病巣焼灼、病巣除去、癒着剥離(腹腔鏡、開腹)
疾患
子宮外妊娠、異所性妊娠
術式
卵管切除、卵管線状切開(腹腔鏡、開腹)
疾患
卵巣嚢腫
術式
嚢腫摘出、付属器切除 (腹腔鏡、開腹)
疾患
子宮粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープ
術式
子宮鏡下切除術
疾患
卵管性不妊
術式
卵管形成術(腹腔鏡下、腹腔鏡補助下)

当院には内視鏡技術認定医が在籍しておりますが、認定医以外でも、臨床経験豊富な医師により手術を担当することができます。

卵巣嚢腫や子宮筋腫の手術に関して、よくある質問

Q:手術までどれくらい待ちますか?
→時期によって異なりますので、お問い合わせください。
Q:入院期間はどのくらいですか?
→上述にもありますが、食事摂取が良好で経過が順調なら、開腹手術では手術後7~9日後退院なので入院期間は9~10日、腹腔鏡下手術では術後3~5日後退院なので入院期間は5~7日、子宮鏡下手術では手術翌日の退院なので3日間です。腹腔鏡下術後仕事復帰は個人差もございますが、おおよそ、軽い仕事であれば術後1〜2週間程度から、力仕事や運動は術後4週間程度で可能となります。開腹手術では、術後2~4週間程度で仕事復帰できることが多いです。(詳しくは、医師にお尋ねください)
Q:手術までに何回くらい病院にこなければいけませんか?
→症例によりますが、初診、外来にて可能な限り疾患の評価をしっかりと行い、術前検査(心電図、腹部胸部レントゲン、採血など)をして、手術となります。
Q:手術を希望していますが、仕事をしていて土曜日にしか外来にかかることができません。どうすればいいでしょうか。
→土曜日にも外来を行っております。混みあいますので、平日受診をお勧めしますが、無理な場合は、土曜日におかかりになってください。
Q:子宮や卵巣をとったあと、お腹のなかってどうなってしまうのでしょうか。空洞になるのですか?
→腹腔内は、子宮や卵巣の他に腸管や後腹膜で覆われた尿管があります。子宮や卵巣をとったあとは、物理的にその分のスペースがなくなりますので、腹部がへこみます。
Q:子宮内膜ポリープといわれました。どうすればいいですか?
→細径硬性子宮鏡にて日帰りの外来手術を行っています。外来でご相談ください。
Q:女医希望です。どうすればいいでしょうか。
→当院には多数の女医が所属しております。すべての診療を女医とすることは難しいですが、病院として可能な限り女医で対応させていただきます。予約取得時に「女医希望」とお知らせください。

不妊症

排卵因子(排卵障害)、卵管因子(閉塞、狭窄、癒着)、子宮因子(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、先天奇形)、頸管因子(子宮頸管炎、子宮頸管からの粘液分泌異常など)、免疫因子(抗精子抗体など)
排卵誘発、人工授精、卵管性不妊や癒着に対する腹腔鏡補助下卵管形成術なども施行しております。また2018年4月から医師の異動により体外受精の診療を中止しておりますが、現在再開を目指しておりますので、詳細は専門外来で御相談ください。

専門外来について

腫瘍外来
子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、その他の婦人科関連がんに対応しております。
手術療法、化学療法、同時化学放射線療法は全て院内で行っており、早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術、最新の分子標的治療も導入しています。婦人科腫瘍を専門とする医師が診療を行い、婦人科腫瘍専門医、腹腔鏡技術認定医の資格を有している医師がおります。
他院で悪性腫瘍を疑われ、専門医の診察をご希望される場合にはご予約の際に「腫瘍外来の受診を希望」と仰ってください。
ゲノム医療外来
婦人科腫瘍に関連する「がん遺伝」についての情報を詳しくお聞きになりたいという方を対象にしています。 院内で治療を受けられた患者さんやご家族だけでなく、他施設で治療を受けられた患者さんやご家族も受診できます。
内分泌外来
月経不順・月経困難症に対しては、原因・治療の要否と方法につき、生活の質だけでなく、将来の妊娠・出産から中高年での健康までを視野にいれた人生設計を踏まえた上で治療方針を検討します。 子宮内膜症に対するホルモン療法・腹腔鏡手術、子宮内腔病変に対する子宮鏡下手術も施行しています。
不妊外来
できる限り原因を検索し必要最小限の介入での妊娠をめざします。
卵管性不妊に対しては、腹腔鏡・卵管鏡下卵管形成術が可能です。
子宮鏡下筋腫核出術も選択可能です。
更年期外来
血管運動障害、骨粗鬆症などに対する検査と治療をはじめとして、日常生活全般を踏まえた健康維持が目標です。